英国研修記(2012.10) ~10,000ポンドの部屋~

今回の英国、昨年実行できなかった研修旅行は、
参加者40名というビッグパーティーになりました。

校長は、英国への同行を今年で最後にし、新たな海外研修を検討中。
それもあって、今までにない人数に身の引き締まる思いで準備を重ね、現地でも大変、気が張りました。
ところが、現地のガイドさんに恵まれ、また参加された方々のご協力もあって、無事にトラブルもなく7泊9日を終えることが出来ました。
この場をお借りして皆様に感謝とお礼を申し上げます。

ビッグパーティーで動いた、盛りだくさんの7泊9日。
ハイライトがいくつもあり、どこからお話しして良いかわからないほど。
その中でも、毎年話題のホテルをピックアップし見学する日は、インテリア好きならテンションが上がります。

セント・パンクラス・ルネッサンスホテル今回の見学先になったのは、
「セント・パンクラス・ルネッサンスホテル」
ロンドンオリンピック開催に合わせ昨年5月にオープンした、ユーロスターが乗りつけるターミナル駅「セント・パンクラス/キングスクロス駅に直結したホテルです。

1865年ミッドランド鉄道会社がコンペを行い、
結果、教会や大聖堂の建築で大変有名だった建築家ジョージ・ギルバード・スコット卿に依頼し5年の歳月をかけて1870年代にオープンしたビクトリア朝のネオ・ゴシック様式の高級ホテルです。

その後、鉄道旅行が華やかな時代が終わり、チケットオフィスになったり保存建物になったりと華やかなインテリアは過去のものになっていきました。
そんな建物をこの度また、ホテルとして復活(一部レジデンスエリアも。)
余談ですが、スパイスガールのプロモーションビデオやバッドマンなど映画の撮影場所としてもかなり使用されていたようです。
現在は、予約で一杯。

そのような中、見せて頂いたのが10000ポンド(138万円??)の部屋、ロイヤルスィートのリビングダイニング!! そして書斎。
雑誌で見るような空間を体感。
スケール感、上質感、色が放つ力などなど、ため息しか出ませんでした。

セント・パンクラス・ルネッサンスホテルセント・パンクラス・ルネッサンスホテルセント・パンクラス・ルネッサンスホテル

毎年、大好評の英国インテリアデザイン研修ほか
研修・セミナー・カウンセリング