JAB「2016 AUTUMN COLLECTION」

jab_012016年11月10日(木)に「ナショナルインテリア」で開催されたドイツJAB社「2016 AUTUMN COLLECTION」発表会に行ってきました。

秋のトレンドカラーの一つ目は、フランスの薬草系リキュール「シャルトリューズ」 から、ミントハーブ系のグリーンと、はちみつ系のイエローが紹介されていました。秋の爽やかさ、軽やかさ、安心、落ち着きがイメージされています。

二つ目はゴールドとシルバーの中間的な色として名付けられた「ギルバー」。これらの色が新作に多く取り入れられていました。

素材のキーワードも「癒し、くつろぎ、安心」。やわらかく肌触りのよい、もふもふ素材のシェニールやツイード調のメランジ素材が多く使われています。メランジは柄と無地の中間的な提案として取り入れやすいデザインです。

jab_02jab_03
jab_04jab_05
jab_09jab_08

ギルバー色の「夜景が綺麗に見える」レースカーテン。
縦糸と夜景の光が交差すると、十字にキラキラ光が反射し、とても美しいそう。
ラグジュリーな空間演出にぜひ使ってみたいですね。

AD CORE「A-mode Heritage」デビュー

ad_core_012016年11月10日(木)に家具メーカー
「エーディコア・ディバイズ」で開催された
2017年モデル新作発表会に行ってきました。

全ての家具が国内で製造される エーディコア。
クリエイティブディレクターの瀬戸さんにより
見えないところまで美しく丁寧にデザインされています。

今回はカリフォルニアスタイルの商品ライン「A-mode(エーモード)」からヴィンテージスタイルと日本のモダン建築に合うデザインを融合した「ヘリテージ」シリーズが登場。

クラシック、ヴィンテージ、モダンなど 様々な時代様式・インテリアスタイルに合わせることのできる「エクレクティックスタイル」がデザインコンセプト。

ad_core_02ad_core_03ad_core_04
ad_core_02ad_core_03

ad_core_05グレー、ライトブラウン、ブラックの3色から選べる革のパイピングとボタンが、少しレトロな雰囲気と、上品でモダンな雰囲気を合わせ持つ ソファは、まさにエクレクティック(折衷の、様々な要素を含む)デザイン。
ボタンは座ると座面とともに沈み、
肌に当たっても全く痛くありません。

木部はホワイトオークをヴィンテージ塗装。
男性的なブラック、女性的なホワイト、
ファミリーをイメージしたブラウンの3色。

ad_core_06 ad_core_07 

ad_core_08また、ダイニングやラウンジで使えるベンチが複数登場。エレガントな商品ライン「NEO CLASSICO(ネオクラシコ)Heritage」と合わせることのできるデザインも。
座面のクッションは、あっても無くても座りやすいデザイン。奥行き45cmが、壁つけした時もゆったり座れるためのこだわりだそうです。

緑に囲まれた美しいショールーム。
エーディコアの家具は実物をご覧頂くと、
上質なつくりをより実感して頂けます。

AOYAMA Styleでも、お客様のご要望に応じてご提案させて頂いています。

「DURESTA for MATTHEW WILLIAMSON」日本初上陸

マシュー・ウィリアムソン2016年10月19日(水)IDC OTSUKA銀座本店1階にて開催された「DURESTA for MATTHEW WILLIAMSON」内覧会・プレゼンテーションに行ってきました。

マシュー・ウィリアムソン氏はエミリオ・プッチのクリエイティブディレクターとして注目を集めたデザイナー。斬新で繊細な色使いが彼の特徴。

デュレスタ社は職人の丁寧な手作業で、多くのセレブリティに愛用される格式ある家具を作り続けてきたイギリスの名門家具ブランド。

色彩の魔術師と呼ばれるマシュー氏が伝統あるデュレスタ社とコラボレートし、
ファッションとファニチャーが見事に結びついた、今までにない魅惑の世界観を持った家具コレクションを初めて発表しました。

MATTHEW WILLIAMSONMATTHEW WILLIAMSON

海外では、大塚家具が初めてギャラリーを開設し、取り扱いを開始。発表会では、マシュー氏が来日し、Q&A形式で彼自身について語ってくれました。

Q1.クリエイティビティのもとにあるものは?
1970年代後半のまだ小さかった頃、母から受けた影響が一番。

Q2.美学・美的感覚はどのようにして構築された?
まずは正統派ブリティッシュ・イングリッシュ。
のちに、そこにグローバルテイストが加わった。

Q3.自身がデザインを学んだセントマーチンズとは?
母国語である英語を学びに、オックスフォードに行くようなもの。
デザインを学ぶには最高の学び舎だった。
そこに集う学生たちは、非常にクリエイティブで、競争心があり、野心的だった。
僕は多くのことをそこで学んだ。

Q4.インスピレーションはどこから?
日々の生活から。
今日本に滞在中だが、時差の関係で朝早く目が覚めてしまった。
散歩に行き、今朝は池で泳ぐ魚からも着想を得た。

Q5.ファッションと家具、携わるうえでの違いは?
違いはたくさんあるが、まず期間や時間枠が違う。
ファッションは短く、家具は長い。
家具はその分クリエイティブな時間を長く過ごせたので幸せだった。

Q6.幸せな時、辛い時とは?
幸せな時は、クリエイティブな仕事をしている時。
辛い時は、雑用が多くて、クリエイティブなプロセスに時間をかけられない時。

Q7.今日からデザインの仕事に就く若者がいたとしたら、どのようなアドバイスがある?
僕からは4つのアドバイスをしたい。
1. 常に情熱的であれ。
2. 自分を信じ、自らの力を信じよ。自分が信じられないものは他人には勧められない。
3. デザインだけでは仕事にならない。いくつものタスクに慣れていくことも大切だ。
4. チャレンジしていくこと。決して難しいことではない。

最後に、彼の言葉で非常に印象深かった言葉を紹介します。
「僕にとっては、モノクロは怖く、カラフルが落ち着く」

華やかな色使いでありながら、何か森の中にいるような深みがあるコレクション。
ぜひギャラリーに足を運んで、マシュー・ウィリアムソンの世界を体感してみてください。

 

MATTHEW WILLIAMSONMATTHEW WILLIAMSON
MATTHEW WILLIAMSONMATTHEW WILLIAMSON

常設ギャラリー

2016.10.29(土)オープン
IDC OTSUKA 有明、新宿、横浜みなとみらいショールーム