ミラノサローネ2024 レポート

アルマーニの新作コレクションを見に行って来ました。
今年はアルマーニ本社のPlazzo Orciniで開催。元々宮殿だった建物は普段は一般公開されていないということで、ミラノの地元の人々を含め多くの来場者で賑わっていました。
今回のコレクションはアルマーニ氏が訪れた旅先の様々な国からインスピレーション受けたものとのこと。
豪華な宮殿の中に、アルマーニの素晴らしいクチュールと共にディスプレイされた空間は息を呑む美しさでした。
特にJAPANコレクションはうコンソールの扉の取手が刀のつかであったり、甲冑から着想を得たオブジェや侍の描かれた壁紙があったりと日本文化がふんだんに取り入れられており大変興味深かったです。
他にも中国、アラブのアラビアンナイト、モロッコをモチーフにしたコレクションなど、夢のある空間が展開されていました。
宮殿の豪華なしつらえを更に際立たせる素晴らしいコレクションでした。

ミラノサローネ2024 レポート DAY1

今日からミラノサローネスタート!
お天気もよく大勢の人で賑わっています。
今日は話題のLOEWEが色々なデザイナーとコラボしてランプのインスタレーション、MOROSO、CASAMANCE 、Molteni 、CARL HANSEN & SON 、Hermes、Paola Lentiなど見てきました。
どのブランドの新作コレクションも個性豊かでそれぞれメッセージがあり大変興味深かったです。
情報をまとめてまた詳しく共有させていただきますので、しばらく写真で現地の熱気をお伝えできればと思います。

Houzzの特集にAOYAMA Styleが掲載されました

今回のトピックは“社会におけるインテリアデザイナーの役割とは?”。
新型コロナウイルスの影響により、私たちは住まいの見直しを迫られています。
このような状況において、インテリアデザイナーはよりよい世界の構築に役立つことができるのでしょうか。

social_squircle_green_128px

B&B Italia Outdoor Collection 2019 新作発表会

2019年5月30日(木)、外苑前にあるB&B Italiaのショールームに行ってきました。
会場は緑あふれる爽やかな空間。新作発表会への期待も高まります。

B&B Italiaは2007年からアウトドアファニチャーに本格参入。「寛ぎ・安らぎ」を感じられるラグジュアリーなライフスタイルを、アウトドアでも常に提案してきました。

今回のテーマは…
You don’t need to be inside to feel at home.
『家にいる寛ぎを感じるのに、中にとどまっている必要はない』

2019年は新たなインスピレーションを得るものとして、自然界の色に注目。

実際の自然界には、植物や石などどれをとっても全く同じ色はなく、様々な色があふれています。それでもまとまりがあるのは、外の世界であるが故。

今回のコレクションにもこのような視点が取り入れられました。カラフルでありながらも一体感を感じさせる色使いは、どの色にしようかと迷ってしまうほど。それがまた楽しくて、見ているだけでワクワクしました。

素材感とサイズ感から、このアウトドアファニチャーは、インテリアとしても十分活用できると思いました。マットレスの厚みから、ソファ特有の沈み込みや弾みを想像していましたが、座ってみてびっくりしました。実際には違ったのです。沈みこまず立ち上がりやすい座り心地はとても新鮮でした。

『屋外にいる安らぎ・開放感を感じるのに、外まで出ていく必要はない』逆も真なり。

ぜひ一度ショールームまで行かれて、この感覚を体感してみてください。

とても楽しいひとときを、ありがとうございました。

2019年5月30日(木)、外苑前にあるB&B Italiaのショールームに行ってきました。
会場は緑あふれる爽やかな空間。新作発表会への期待も高まります。

B&B Italiaは2007年からアウトドアファニチャーに本格参入。「寛ぎ・安らぎ」を感じられるラグジュアリーなライフスタイルを、アウトドアでも常に提案してきました。

今回のテーマは…
You don’t need to be inside to feel at home.
『家にいる寛ぎを感じるのに、中にとどまっている必要はない』

2019年は新たなインスピレーションを得るものとして自然界の色に注目。

実際の自然界には、植物や石などどれをとっても全く同じ色はなく、様々な色があふれています。それでもまとまりがあるのは、外の世界であるが故。今回のコレクションにもこのような視点が取り入れられました。

カラフルでありながらも一体感を感じさせる色使いは、どの色にしようかと迷ってしまうほど。それがまた楽しくて、見ているだけでワクワクしました。

素材感とサイズ感から、このアウトドアファニチャーは、インテリアとしても十分活用できると思いました。マットレスの厚みから、ソファ特有の沈み込みや弾みを想像していましたが、座ってみてびっくりしました。実際には違ったのです。沈みこまず立ち上がりやすい座り心地はとても新鮮でした。
『屋外にいる安らぎ・開放感を感じるのに、外まで出ていく必要はない』逆も真なり。
ぜひ一度ショールームまで行かれて、この感覚を体感してみてください。

とても楽しいひとときを、ありがとうございました。

Tribu×Nichiesu 単独発表会

Tribu×Nichiesu 単独発表会2019年5月23日(木)、麹町のベルギー王国大使館にて開催された、アウトドア家具ブランドの単独発表会にお招きいただきました。ニチエスさん主催のベルギーのラグジュアリー家具ブランド TRIBU(日本語表記 トリビュ)のお披露目会です。
夕暮れ時からスタートしたガーデンパーティは、それは優雅でリッチなひと時でした。
Discreet Luxury(控えめながら洗練されたラグジュアリー)をコンセプトとして構成されたアイテム達は、テラスや庭に使われる家具もインテリアの延長線上にあるべきとのトリビュ社の想いが形になったもの。
 
Tribu×Nichiesu 単独発表会 Tribu×Nichiesu 単独発表会
Tribu×Nichiesu 単独発表会 Tribu×Nichiesu 単独発表会
今回は、B&B Italiaのデザインなどで知られるイタリア人女性デザイナー、モニカ・アルマーニさんが初来日され、アイコニックなTOSCAコレクションのデザイン背景などもお話しくださいました。自然素材に見えるチェアの編み込み素材トリコードは、まるでニットの様な柔らかな素材に見えますが、野外の過酷な環境に耐えうるよう作られています。何種類もの色を掛け合わせ、風合いと奥行き感を出すそう。
ハードな印象になりがちなアウトドア家具に、圧倒的な洗練度と控えめながらエレガントなエッセンスを加えたベルギーのトリビュの家具。
「The Art of Leisure」というアウトドアリビングの世界観を思う存分堪能させて頂きました。
Tribu×Nichiesu 単独発表会Tribu×Nichiesu 単独発表会
Tribu×Nichiesu 単独発表会 Tribu×Nichiesu 単独発表会
余談ですが、モニカさんとモニカさんのお友達のデザイナーさん、素晴らしくチャーミングで洗練されていらして、それはまぁ素敵な方でした!

2019年5月23日(木)、麹町のベルギー王国大使館にて開催された、アウトドア家具ブランドの単独発表会にお招きいただきました。ニチエスさん主催のベルギーのラグジュアリー家具ブランド TRIBU(日本語表記 トリビュ)のお披露目会です。
夕暮れ時からスタートしたガーデンパーティは、それは優雅でリッチなひと時でした。
Discreet Luxury(控えめながら洗練されたラグジュアリー)をコンセプトとして構成されたアイテム達は、テラスや庭に使われる家具もインテリアの延長線上にあるべきとのトリビュ社の想いが形になったもの。

Tribu×Nichiesu 単独発表会

Tribu×Nichiesu 単独発表会

Tribu×Nichiesu 単独発表会

Tribu×Nichiesu 単独発表会

今回は、B&B Italiaのデザインなどで知られるイタリア人女性デザイナー、モニカ・アルマーニさんが初来日され、アイコニックなTOSCAコレクションのデザイン背景などもお話しくださいました。自然素材に見えるチェアの編み込み素材トリコードは、まるでニットの様な柔らかな素材に見えますが、野外の過酷な環境に耐えうるよう作られています。何種類もの色を掛け合わせ、風合いと奥行き感を出すそう。
ハードな印象になりがちなアウトドア家具に、圧倒的な洗練度と控えめながらエレガントなエッセンスを加えたベルギーのトリビュの家具。
「The Art of Leisure」というアウトドアリビングの世界観を思う存分堪能させて頂きました。

Tribu×Nichiesu 単独発表会

Tribu×Nichiesu 単独発表会

Tribu×Nichiesu 単独発表会

Tribu×Nichiesu 単独発表会

余談ですが、モニカさんとモニカさんのお友達のデザイナーさん、素晴らしくチャーミングで洗練されていらして、それはまぁ素敵な方でした!