ケアハウス コーディネート事例

医療や福祉関連の施設に欠かせない要素―――それは何より、「暮らしの快適さ」。
もちろん、他の建築物に関しても言えることではありますが、中でもケアハウスはなおさら、
「暮らしの快適さ」に気を配る必要があるのです。

ほんの3センチの段差でも、ご高齢の方にとっては大変危険なものになったり、お風呂の床ひとつ取っても、特に滑りにくいものを選ぶ必要があったり・・・。

町田ひろ子が提案する、ケアハウスのデザイン。それは、「暮らしの快適さ」はもちろんですが、そこに「センスの良い、豊かな暮らし」をプラスしたコーディネートです。

≫ 福祉施設リフォーム

ケアハウス